ROS

Thumbnail of post image 028

ロボットナビゲーションをしているとロボットがどの方向を向いているか知りたくなるときがあります. その姿勢推定を可能にしてくれるのがArUcoマーカーで, ロボットに搭載されたカメラでArUcoマーカーを捉えると, その幾何学模様の歪み ...

Deep Learning,環境構築

Thumbnail of post image 146

ローカルで機械学習環境を構築するとき, いつもGPU, CUDA, cuDNNと深層学習用のフレームワークのバージョン合わせに苦労します. 今回は私が環境構築する際の手順を紹介します.

セットアップNvidia driverのイ ...

ROS,環境構築

Thumbnail of post image 169

ロボット開発をしていると実空間上でそのロボットの位置を把握したくなるときがあります. そうしたときロボットがどの程度ある基準点から離れているかカメラで計測できると便利です. その基準点としてのマーカーの一つにArUcoがあります.

DepthAI,Mini Pupper,ROS

Thumbnail of post image 081

最近”LOVOT”のような人の気持ちに訴えかけるコミュニケーションロボットが出てきています. MangDang社が開発したロボット犬”Mini Pupper”もそうしたロボットと同種の愛 ...

DepthAI,ROS,環境構築

Thumbnail of post image 131

VPUを備えたカメラ”OpenCV AI Kit”を用いると, エッジデバイスでも負荷の高い顔認識等のDeep learning技術を実装することができます. ロボット分野でこのカメラが使用できると, ロボット ...

Deep Learning,docker,環境構築

Thumbnail of post image 037

機械学習で大変なことの一つにその環境構築があります. GPUとcudaのバージョンを合わせたり, 必要なpythonパッケージをインストールしなければなりません. それらをスクリプト一つで自動に実行してくれるのがdockerですが, ...

docker,ROS,環境構築

Thumbnail of post image 147

ROSによる開発はとても便利ですが, その環境構築は面倒です. dockerでその環境構築を簡便にしようとすると, RVizやGazeboのGUI表示がうまくいかなかったり, GPUの設定に苦戦することがあります.
そのあたり ...

DepthAI,myCobot

Thumbnail of post image 007

YouTubeやNetflixの登場で寝ながらスマホを見るようになりました. しかしずっとスマホを手で持っていると疲れてしまいます. 今回は手でスマホを持たなくても, 目の前に適度な距離感で位置調整してくれる動くスマホアームを作ってみ ...

DepthAI,Jetson Nano

Thumbnail of post image 191

ディープラーニングは大量のコンピュータリソースを必要とするため, それを効率的に演算するFPGA, GPU, TPU, VPU等のプロセッサが求められます. 今回, エッジデバイスにも搭載可能なNvidiaのJetsonシリーズとIn ...

myCobot,環境構築

Thumbnail of post image 137

myCobotは6軸の可動域を持つロボットアームでその自由度の多さから自動猫じゃらしロボやプロジェクター投影等の多様な使われ方がされています.

使用例:動くディスプレイアーム

myCobotはアタッチメントを追加して機能を追 ...