docker,RaspberryPi,環境構築

Thumbnail of post image 157

本記事では, GitHub Actionsを使用してRaspberryPiの環境を構築し, Pythonパッケージのビルド管理を行う方法を説明します. この方法により, RaspberryPi実機を定期的に立ち上げてビルドチェックする ...

Deep Learning,環境構築

Thumbnail of post image 132

機械学習をしているとよくPytorchを使用する機会がありますが, インストール済みのCUDAのバージョンに対応するPytorchのバイナリファイルがないことがあります. そういった場合, Pytorchをソースからビルドし, CUD ...

Deep Learning,環境構築

Thumbnail of post image 078

ローカルで機械学習環境を構築するとき, いつもGPU, CUDA, cuDNNと深層学習用のフレームワークのバージョン合わせに苦労します. 今回は私が環境構築する際の手順を紹介します.

セットアップNvidia driverのイ ...

ROS,環境構築

Thumbnail of post image 059

ロボット開発をしていると実空間上でそのロボットの位置を把握したくなるときがあります. そうしたときロボットがどの程度ある基準点から離れているかカメラで計測できると便利です. その基準点としてのマーカーの一つにArUcoがあります.

DepthAI,ROS,環境構築

Thumbnail of post image 108

VPUを備えたカメラ”OpenCV AI Kit”を用いると, エッジデバイスでも負荷の高い顔認識等のDeep learning技術を実装することができます. ロボット分野でこのカメラが使用できると, ロボット ...

Deep Learning,docker,環境構築

Thumbnail of post image 116

機械学習で大変なことの一つにその環境構築があります. GPUとcudaのバージョンを合わせたり, 必要なpythonパッケージをインストールしなければなりません. それらをスクリプト一つで自動に実行してくれるのがdockerですが, ...

docker,ROS,環境構築

Thumbnail of post image 161

ROSによる開発はとても便利ですが, その環境構築は面倒です. dockerでその環境構築を簡便にしようとすると, RVizやGazeboのGUI表示がうまくいかなかったり, GPUの設定に苦戦することがあります.
そのあたり ...

myCobot,環境構築

Thumbnail of post image 154

myCobotは6軸の可動域を持つロボットアームでその自由度の多さから自動猫じゃらしロボやプロジェクター投影等の多様な使われ方がされています.

使用例:動くディスプレイアーム

myCobotはアタッチメントを追加して機能を追 ...

Hand Gesture Recognition,RaspberryPi,環境構築

Thumbnail of post image 091

手のトラッキングを気軽にできるソフトウェアとして, Googleの開発しているMediaPipe Handsがあります. デフォルトでHandsは手の代表点と右手左手の判別の結果を出力します. MediaPipeのビルド時にカスタマイ ...